2016年08月28日

御祝いのおたずね

御祝いというのは本当に難しくて、あまりにも個性的なものは喜ばれないし、かといって誰もが浮かぶものは沢山届くだろうし困ってしまいます。

そしてさらにこまるのは添え文です。
受け取った瞬間に何かの脅迫状と間違えられそうな悪筆。

それでも書きます。
頑張って書きます。一言一言、悪筆乍ら心は込めて。



さて、詐欺メールにもそういう御祝い型がはやっているようです。

ampanu2a0628@ezweb.ne.jp

お久です(o^_^o)
アドレス変わるので変更をお願いします。
あとみっちーの赤ちゃんの名前が「ひかる」に決まりました。
写真見てるだけでも癒されますね。
自分も早く結婚相手を見つけないと(笑)
みんなの名前で出産祝いの電報を送るつもりです。
それで聞きたい事があるんですが下の名前なんでしたっけ?(笑)
みっちーも連絡とりたがってたので連絡先を教えちゃいますね。
☆?????☆
241_1_pc.jpg
241_2_pc.jpg(赤ちゃんの写真)


このメール1通に、ボリウッド映画の如く、いろいろな要素が詰まっています。
アドレスの変更、みっちーの出産、赤ん坊の名前、出産祝いの件、

が、このメールの言いたいことは

で、お前の名前なんや

なわけです。たぶん返信すると次に上の名前をきかれ、それから・・・・

このメールには本当に怖いことがもう一つあります。
このメールを実際に受け取られた方はご存じだと思いますが、このメールには本当にアジア系の赤ん坊の写真が添付されています。
我が子の写真を無防備にSNSでさらした実在のどこかのご両親のご愛息もしくはご令嬢です。

さて、最近いただいた逆恨みの御手紙に、文脈からすると明らかに漢字間違えたんやろな〜とほのぼのするものがありました。
それには


        祝ってやる

て書いていました。ありがとうね。
  平成28年8月29日  文責 弁護士 菊谷淳子





2013年11月10日

景気のいい御手紙 


人徳ある中川には「国民的アイドルの相談相手になって下さい」という実に使命感を感じさせるメールが時折。

人気俳優であろうが鉄拳制裁も辞さない菊谷のところには、最近そういう種類のものはきません。しかし欲深さを見込んでか、イヌイさんやらイタガキさんやら、ヤマダさんやら知らない方から、下記のような英文メールをいただきます。一日4件くらいきます。下記はinui氏のメール。

Greetings, we.ve received your mail address from a recruitment agency.
You were commended as a decent and intelligent person.

I am an HR Manager in a international organization. We are hiring
employees in Japan to represent our company in their home town. We have
several vacancies available. But the Company Representative. vacancy is
the most interesting and well paid.

The salary is from 2,700,000 YEN per month + bonuses. It will be easy to
begin. We provide a probationary period. We need decent employees that
can be entrusted with large amounts of money. If you are interested,
please, respond to my letter without delay: ○○○.★★★@yahoo.co.jp


受け取られたことのある方もいらっしゃると思いますが、初めてごらんになる方のために簡単に言いますとどっかの企業の人事部からの転職のインチキおすすめメール です


なんべん読んでも一ヶ月2,700,000円、ボーナス別途って読めるんですけど、なんかの間違いですよね。

こんなに景気がいいのは、アルヌルフォさんから金塊を259475.2USドル購入しましたよねというpaypalからのメールをいただいて以来です。

inuiさん、もしJPYでなくて、ペソ、とかバーツだったらもっと嬉しいですね
(1ペソ=2.16円 1バーツ=3.16円)
ボス(⊙◞౪◟⊙)、ちょっと出稼ぎにいって参り…


ジンバブエドルだったらinui半殺シ


さて、もしこのメールにお返事したらどういうことになるのか、ということは残念ながらお返事する暇もありませんので、知りませんが、これが詐欺メールだということはわかります。
よく読むと、270万円という具体的な数字を提示しておきながら、仕事の中身はおろか会社の名前は一切だしていない。

さて、相手方の供述を信用できない、と主張する時、どうして信用できないか、ということを言う一つの理由として、「具体性がない」ということがあります。
本当に体験した事実なら具体的に語ることができるだろう、ということからくるのです。
ただ、それはいつでもというわけではありません。
証人の個性、体験した記憶の内容、記憶した時期によっても変わってきます。

例えば日常的に行っている行為であればそれが「いつ」だったかという記憶は薄れてしまいがちです。「この日だった」と特定することは非常に難しいのです。
その出来事がよもや忘れないだろうと思われる事柄であってはじめて具体性の話が出てきます。


ところで、イヌイ様、なぜ日本語でメールをいただけないのでしょうか。

私、日本語は流ちょうに話せますよ
   平成25年11月10日 文責 弁護士 菊谷淳子

2013年07月26日

なりきってスパム

最後の冷凍イカが底をつき、しおからもあと数日分。
イカ食べたいなあ…と悶々としていたこの頃、

頼れる 遊び仲間 、仕事仲間中川と、銀座におよばれした、その帰り。

ふと立ち寄ったお店で、こんなものを発見

DSC_1352.JPG

イカを食べているにんげんどもをおそうイカール星人だそうです。


さて、みなさんはFace Bookのアカウントをお持ちでしょうか。

Face Bookに載せている写真を勝手に赤の他人のなりすましFace Bookに利用され、知らない間に自分の顔を持つ「山田某」とか「佐藤某」が沢山現れ、お友達申請した人達に楽しい楽しい恐ろしい出会い系へのリンクを張る…などという物騒なことがあるようです。

 法律上の回答でしたら、もちろん、肖像権の侵害にはあたります。また、もし使用されてしまった写真が自分でとったものなら、著作権の侵害もいえます。
 しかし、現実的な救済として、法律上の手段を講じるには相手方の特定が必要ですし、実際の損害は何かという点は難しいところです。これが現実。弁護士のブログなのに残念なお知らせで申し訳ないのですが、何より優先されるべきは、その写真の使用をやめさせることです。こいつなりすましです、と削除の報告をすることが最優先です。


ちなみに私はFace Bookは、登録の際のある質問が気にくわないので登録しておりません。するつもりもありません。

 ところが、検索してみますとFace Bookには、ななんと漢字で同姓同名の菊谷淳子(きくたにあつこ)さんという方がいらっしゃいます。ボーカリストでいらっしゃるそうです。年齢も全く違います。

私はきくたにじゅんこです。残念ながら全くの無関係です。

ちなみに、グーグルやyahooで「菊谷淳子」を画像検索して出てくる画像はすべてそのあつこさんのもので、私の顔がでてきたことはありません。これが筆者の正体だとお考えだった皆様、すみません。

自分で言うのもなんですが私は、有名人で言いますと、


妖怪人間のベラ



にちょっと似ております。

なんの話でしたかしら。ああイカのお話でしたね。ええ、なりきってみましたよ。

中川が有無を言わさずカメラを構えますのでね、

イカール星人 パンダ.jpg


誰もスパムに使うまい(΄◞ิ౪◟ิ‵ )へへへ

平成25年7月21日  文責 弁護士 菊谷淳子

2013年03月14日

マルコの時計

頼れる同僚中川の元にpaypalという決済会社を名乗る者からメールが届きました。

それによりますと、中川は先週、マルコさんから149.47USドルのメンズの時計をお買いあげになり、paypalで送金しました、らしいのです。
中川はpaypalにアカウントは持っておりませんが、paypal自体は実在する会社ですから、最初このメールを見た時は震えあがったそうです。これ英文でしたし。

もちろんこれは迷惑メールです。結構よく送られているようです。

どこから中川の貴重な個人情報であるアドレスが漏れたのか、これが一番気になるところです。




ところで、メールアドレスなどの個人情報は今個人情報保護法という一見個人情報保護を目的とするかのような法律で「守られている」ようですが、その守りは実に鉄壁でして、地方公共団体では、本人から委任を受けた代理人弁護士にも個人情報を開示しないと決めているところがあります。

本人が常に情報開示を求めることができるとは限りません。そして代理人がすることは本人がすることと法律上は同じ効果を持つのに。
代理権の判断は形式的にできるはずです。
利用者保護を謳いながら、利用者に「何が何でも自分で開示請求しなさい」と困難を強いるのは本末転倒ではないのでしょうか。

でも大丈夫です。

頼れるにほんべんごしれんごうかいや「市民のための司法」とういう高邁な理念を掲げる司法改革派の皆様が、きっとこういうけしからんことは何とかしてくださると、私は信じております。

ええ、本当に( ◉◞౪◟◉)




さて、遅れること1週間、菊谷の元に、paypalからメールが届きました。

菊谷はアルヌルフォさんから259475.2USドルの金塊をお買いあげになったそうです

(◞≼●≽◟◞౪◟◞≼●≽◟)

どこから漏れたのか、中川と共通するメーリングリストを検討してみましたが、全部業務に関係する

気のせいです、ええ、気のせいです。
   平成25年3月14日  文責 弁護士 菊谷淳子