2014年02月09日

しばれる心

土曜日、都内は吹雪いていました。やっほー雪

005.JPG

私は雪が大好きです。雪が降らない都内からわざわざ遠方にまで足を運ぶくらい雪がすきなのですが、
大雪の土曜、猛吹雪の中をあるいてお仕事先に向かいました。

こういうの、やってみたかった…などと喜んでいる場合ではありませんでした。

さむくて、前から吹き付ける雪が顔にささって、必死で歩いている中、足がどぶに。


どぶに足をとられてもがいている私に気づかず、わがボス(⊙◞౪◟⊙)は前を歩いていきます。


もがいてももがいても…


先生さよなら…


楽しい人生でした。


香典絶賛受付中です•ლ(◉◞౪◟◉ )


さて、歩けない、という症状の一番大きな理由は、脊髄損傷などの外傷ですが、実は心因性で歩けなくなるということが実際にあります。ひらたくいうと、医学的に体には問題はないのに、精神的な理由から歩けなくなる、ということです。

脊髄損傷と違い、いつかは歩けるようになる可能性はあります。

ただ、心因性といっても心の持ちようなどといった簡単なことではありません。メカニズムがよくわかっていない深い部分で歩けない原因が生じているのでかえって外からの治療が困難でもあるのです。心因性はただ怠けて歩けない、とか心が弱いから起こるものではありません。
外の深い要素があって歩けなくなるのです。

心因性と詐病とはちがいます。

ですから、一定期間をすぎると回復の見込みがない、と考えられる場合も出てきます。つまり、後遺障害として認定される場合もある、ということです。(ただし常にではありません)





ああ、人間は、さむい、ひもじい、手元不如意の時にはだいたいろくなことを考えません。


ここで凍死したら、真っ先にボス(⊙◞౪◟⊙)のところに化けて…


凍死しなかったらボスに似た雪だるまを…


で…

022.jpg

       平成26年2月9日  文責 弁護士 菊谷淳子

posted by KEYAKI at 00:44| 交通事故

2013年01月18日

戦慄のフィールドマップ


 keyakilaw-2013-01-14T01 00 58-2.JPG

 久しぶりに大学時代の同級生が集まりまして、ちょっとドライブすることになりました。それぞれ個性豊かな職業でして、僧侶、バイヤー、振付師。なんか、こう、

戦士のいないドラクエ

みたいな大変攻撃力の乏しい御一行様ですがさらに頼りないことに、振付師は腰が痛く、商人は前日飲み過ぎ、僧侶は免停中。そのため運転しているのは八墓村で2か月もかけて取得した奇跡の合宿免許のわたくしです。

ところで、好意で人を乗せることを好意同乗といいますが、たとえば運転者の過失で同乗者に怪我をさせてしまった場合、好意で乗せてもらっていた同乗者は全額損害賠償を請求できるのでしょうか。それとも好意で乗せてもらったということを理由に減額されるのでしょうか。

という問題提起だけすると、減額されなければおかしいとお感じになる方もいらっしゃると思います。しかし、実はこう問いかけると印象がかわるかもしれません。

同乗者から請求を受けた保険会社(運転者加入)が好意同乗を理由に減額を主張できるか。

実は、昭和40年代後半から昭和50年代前半の裁判例では無償の好意同乗で大幅な減額を認めていたようです。しかし現在の裁判例は原則として好意同乗そのものを理由とする減額を認めていません。裁判例が好意同乗での減額を認める場合は、同乗者自身に一定の過失がある場合です。たとえば一緒に飲んだ後に長距離のドライブをし、飲酒を続ける運転手に飲酒も運転もやめるように促さなかった(東京地判平10.6.24)という例があります。そこまでの過失があってやっと3割の過失相殺です。
しかし現在でも、保険会社は昔の裁判例が好意同乗で減額を認めていたことを理由に、2割くらいの過失を主張してきます。そして裁判例でも減額を認めていますから…なんて説明するのです。提訴されれば基本的に保険会社のそんな主張は認められないのですが。
 
 それにしてもみなさん、どうしてそんなお通夜のような顔をしていらっしゃるのかしら。
 
誰ですか、法律守ってくれって人聞きの悪い

 読経やめなさい
 
 そんな顔していると減額されますよ。ふふふ。
 わたくしに運転を任せたことに大いなる過失ありって。
 冒険ですよ。冒険。人生はダンジョンの連続です。
   平成25年1月18日  文責 あそびにん
posted by KEYAKI at 20:44| 交通事故