2012年02月21日

立つ鳥後始末残さじA

 家主からの過大な請求の中には、例えば、修繕費については部屋の改装費も関係ない部分まで改装している(お風呂で死亡しているにも拘わらずキッチンをシステムキッチンに改装する費用まで請求している)といった場合、アパート1棟丸ごと建て替える費用1億2000万円を請求したといった事案があります。
 本来、原状回復義務ですから、そこまでの改装費は負担する必要はありません。
 
 また、家賃補償についても期間をどれくらいにするか、その部屋だけに限定せず同じアパートの別の部屋にも借りてがつかないことまで補償内容となるか、で金額が大きく異なります。家主の多くはローンを抱えているわけですから、死活問題です。
 しかし裁判では個々の事案の事情を考慮し、相続人、あるいは連帯保証人にどこまで負担させるかという問題は、損害の公平な分担という観点から判断されます。
 一例として家賃減収の補償期間を3年、あくまで当該部屋に告知義務を限定し、他の部屋の減収までは損害として認めなかった裁判例があります(東京地方裁判所平成19年8月10日判決)。
 ただ、裁判例はあくまで個別の事情をもとにしたものですから。個別の事情如何によっては結論がもう少し借主側に重いものもあるのではないかと思います。ただ、まるまる1棟の建て替えまではみとめられることはないと思いますが。いずれにせよ、こういった請求は少なからぬ金額のものですから、専門家に相談することが必要だと思います。
 
 以上に述べたのはあくまで自死の事案ですから、病死、事故死の場合はあてはまりません。しかし、その場合でも原状回復義務は発生しますから、原状回復が簡単かどうか、すなわち死後何日で、見つかるかが重要になります。

 ・・・・さて、今日のお風呂はおとなしくノンアルコールで・・・・・
平成24年2月21日 文責 弁護士 菊谷淳子
posted by KEYAKI at 00:16| 賃貸借

2012年02月20日

立つ鳥後始末残さじ@

 私が初めて買ったCDは、ホイットニー・ヒューストンのデビューアルバム「そよ風の贈り物」。中古CDでしたが、大事に今も持っています。
お風呂での無事故無事件を心がけている私にとって、そのホイットニーがバスタブの中で溺死していたという他人事とは思えない報道に心が痛みましたが、驚いたのは先日の、ネットの記事。

 ななんと、ホイットニーの泊まったホテルの部屋に予約が殺到し、いつになれば空きがでるのかも問い合わせられないほどだとか。さすがはアメリカです。
 ホイットニーは憧れですが、そのバスタブはちょっとおっかない・・・・酒は飲めません。ええ。

 ところで、今回の事案とは少し違いますが、賃貸している部屋の中で自死が起こった場合、通常は連帯保証人や相続人に対し、家主から損害賠償請求がきます。
 そしてその主な請求内容は、部屋の改装費、家賃相場が回復するまでの期間の家賃減収分の補償などです。
 もちろん家主側としても当面は賃借人となろうとする人に対し告知義務がありますから、家賃を下げることによる減収は免れません。また事案によっては家の中の修理も必要になりますから多大な損害が発生します。
 ただ、近年家主からの請求の中には過大な請求も時々あることが問題になっています。(続きます)
  平成24年2月20日 文責 弁護士 菊谷淳子
posted by KEYAKI at 00:48| 賃貸借