2016年09月19日

埃だらけの青い鳥

私のストレス発散方法は、惨劇と掃除です。

元々掃除が好きで、友人宅に遊びに行くと、つい、床に放置してある衣類を畳みたい(本当は洗濯してから畳みたい)、放置されたおもちゃを片付けたい、網戸の埃掃除したい、トイレきれいにしたい、とうずうずし、
依頼者宅のダッシュボードの埃を拭き取りたくて仕方なくなったりしてしまいます。

そのため、母と友人達からは、

 国民の姑

という物騒な称号で呼ばれます。

残念な事に我が家はトイレはもちろん風呂場の排水溝に至るまでほぼ毎日掃除しているので、
掃除できるところは大してありません。半日もあればほぼ終了。

幸い、近くに定期的に掃除させてくれる古い友人が何人かいるのですが、
それも定期的に私が掃除しているので、カーテンの洗濯までやったとしても大体半日掃除すれば終了です。

めちゃくちゃ忙しくてストレスの極みだった私は、今週は
達成感のめちゃくちゃある掃除をしたい


本物のお掃除のバイトに行・・・ 
と悩むこの頃です


さて、ある会社で就業時間前に月1回、社員の自由参加で近隣のボランティア清掃を1時間行っていたとします。これは労働時間として評価されてしまうのでしょうか。

実は、自由参加としていても労働時間として評価される場合があります。
労働時間となるか否かは使用者の指揮命令下にあるか否かで客観的に決まります。
労働契約、就業規則、労働協約等の定めで決まるわけではありません。

ですから、結論としては、仮に自由参加としていても、実際にこの会社の従業員にとっては参加しないと評価が下がる、等強制と感じるような事由があればそれは労働時間に該当します。


モーリス・メーテルリンクは、幸せの青い鳥はすぐそこにある、と結論づけています。

あれ、あたってます。

ありました。掃除しがいのあるものすごく汚い場所ものすごく身近に


ボス(⊙◞౪◟⊙)の机

平成28年9月 日 文責 弁護士 菊谷 淳子
posted by KEYAKI at 23:42| 日記

2013年01月01日

きままな船出



本当は年末年始一人北極圏へ向かうつもりでしたが、諸事情により北極圏は延期。それでも趣味は物言遊山現実逃避。大晦日の夜、銭湯でさっぱりし、起案を一とおり終え、ボスにちょっと行ってまいりますと御挨拶を済ませ、ことこと浜松町を出発し、夜明け前に小さな港に到着しました。

H24.12.31大晦日.JPG

予想していなかったのですが、
なんだか ひとに言えない 輸入代行、とか 北の王国への帰れぬ 観光旅行といった雰囲気で緊張します。

楽しい人生でした。

ボス、御香典好評受付中です。

夜明け前に船にのり、どんぶらどんぶら揺られておりますと


H25.1.1初日の出.JPG

H25.1.1初日の出2.JPG

遠い海の上で故郷を、そして遥か遠い日本の地を思い・・・・朝っぱらから・・・・

H525.1.1初酒oanda.JPG

・・・・どっかで見たことある山が後ろに見えるのは気のせい、気のせい。

H25.1.1初日の出富士.JPG

皆様、あけましておめでとうございます。
 今年も相変わらずですので、どうぞよろしくお願いいたします。
  平成25年1月1日 文責 弁護士 菊谷淳子
posted by KEYAKI at 19:07| 日記

2012年11月08日

実るほど頭を垂れる稲穂かな

仕事を終え、 仕事 遊び仲間の中川とご近所の新宿歌舞伎町まで映画を見に行った帰り、夜店が並んでいました。

H24.11.7酉の市 夜店 .JPG

酉の市です。
私は提灯が大好きで、見るだけでわくわくするので、それはそれは嬉しかったです。

H24.11.7 酉の市 大提灯 .JPG

DSC_0495.JPG

記念撮影も忘れずに

H24.11.7修正.JPG

お店もお客もみんなどことなくその筋な感じでしたが、そこがまたご利益ありそうな活気を感じます。

招き猫やら七福神やら米俵やら鯛やら、恵比寿様からおかめや兜をつけているものもあります。

ジャンル不問でとりあえずめでたそうなものを詰め合わせるセンス、私は大好きです。
こうした良いとこどりが得意なことが日本人の誇るべき才能だと思います。

ところで、飾られている熊手はウン万円、あるいはうん十万円はしそうだったので、私と中川はささやかに、小さな稲穂で縁起を担いでみました。
熊手ってさすがに法律事務所じゃアレですし、
自戒も込めて

皆様に、実り多い人生をつかみとって頂けますよう、

私たちの、そしてボスの懐もちょっとは暖かくなりますよう、

ぶら下がっているのは、菊谷の小さな野望です

H24.11.7酉の市 叶う小槌.JPG
今日は単なる日記でした

平成24年11月8日 文責 弁護士 菊谷淳子



タグ:高田馬場
posted by KEYAKI at 23:30| 日記

2012年04月09日

憧れの花見

DSC_0259.JPG桜が満開です。今日は中央線に乗って四ッ谷、市ヶ谷、飯田橋…本当に眺めているだけでためいきのでるような美しい光景でした。

桜が咲くといつも思いだします。私が一番好きな柳屋小さんの噺、長屋の花見。
お金のない長屋の店子たちが大家に連れられて上野公園に花見に行きます。が、お金がないので、毛せんの代わりにムシロをしき、かまぼこのかわりに大根のお香こ、玉子焼きの代わりにタクワン、酒の代わりに番茶を煮出して水でわってうすめたもの。全部ニセモノです。
  お重をムシロで包んでとぼとぼと歩く姿は花見というよりは何かの死骸を捨てにいくよう。
  ムシロを横一列に並べて座り物乞いスタンバイ。
  タクワンの玉子焼きをさも本物のように音をたてずにのみこもうとするのは命懸け。
  貧乏でも花見くらいはしよう、という大家さんの粋な計らい、店子にとっては有難迷惑、この理想と現実のギャップ。およそ花見の陽気さとはかけはなれた別の陽気さにつつまれてゆく花見。

  最初はやけくそでも本人たちはそれなりに自分のおかれている状況を受け止め、それなりに楽しみ始めます。もちろん「本物」の花見客から「本物」をかっぱらう隙も見逃しませんが。

  自分のおかれた状況を楽しむ余裕、好機逃さずお目当てをすかさずゲットに行くしたたかさ、勉強になります。ただ東京に来る前はこのような笑いあふれる土地柄に大いに期待していましたが、どうもこういうユーモアは現代の東京にはなかなかないようで、もっぱら寄席通いでしか味わえないのが残念です。

ともかく今年こそはリアル花見をしようと思います。

平成24年4月9日 文責 弁護士 菊谷淳子









posted by KEYAKI at 23:23| 日記

2012年03月21日

ネコにゴハン

DSC_0247.JPG
DSC_0251.JPG


本日は、I県U市、首都圏最大級墓地(大仏完備)の近くの野道をとぼとぼと歩いて仕事先に向かいました。
この場所にたどり着くには最寄駅からバス25分。バスは1日5本で最終が午後4時19分。
飛行機に乗るときよりシュールなスケジュール管理が要求されます。
そして、今日、うっかりしてお財布に千円ちょいしかもっていなかった私。
最寄駅からのバス代は片道470円ですから、これを引くと100円程しかありません。(このバス、スイカは使えず現金オンリーです)
バスは絶対ですから今日は駅にたどり着くまで食べるものはありません。

人間は「寒い、ひもじい、手元不如意」時にはだいたいろくなことを考えません。

春はそこまで来ているような気がしますが、まだまだ風は冷たい。
しかも今日は朝早かったので朝食をまだ食べていません。
おなかすいたなあ

口をついて出るのは、昭和の名曲、昭和枯れすすき
♪貧しさに、負け…♪

おなかすいたなあ

東京は遠いなあ

楽しい人生でした

と帰りのバスを待ちながらパソコンを開いてひもじさを紛らわせていると、
足元にふわふわとした感触が・・・・

写真のネコが、鞄を漁っているではありませんか。
何か分けてあげたいけど私も手元不如意で・・・・とみるとアメ玉の袋をみつけてぽとっと落し、目の前でごろんと転がって、なでろ、と。
日曜に道案内をした老夫婦から「お礼です」と飴玉をもらったんだっけ。
1個食べる?

遭難しかかっていた私は、ネコがさらってくれたアメ玉で飢えをしのぎ、駅まで生還しました。
すみません、今日は本当に単なる日記です。
  平成24年3月21日 文責 遭難者



posted by KEYAKI at 23:56| 日記