2017年07月04日

雷電の受難

ボスの顔にボツボツが一杯出てきました。
もしかするとステロイドの影響かなとは思うのですが、良い薬はないかとずっと気がかりでした。

帰宅途中、大きなガマガエルを発見。あやうく踏みそうになりました。
普段なら、おお、おっきいな〜くらいで通り過ぎるのですが、ふとボスのボツボツを思いだしました




(◞≼●≽◟◞౪◟◞≼●≽◟)がまの油効くかな


思い立ったら吉日。
100鈞で虫取り網を買い、それをもって次の夜・・・・・。


ところで、拘留というマニアックな刑罰についてお話しします。
拘留は裁判で下される刑罰の一つで、刑事施設(刑務所)に収監されそのまますごせと言われる自由を制限される刑(自由刑といいます)で、1ヶ月未満のものをいいます。禁固はおなじく刑事施設に収監されるのですが、1ヶ月以上です。禁固と拘留では期間が大きく違います。

ですから刑罰として重い順番を聞かれたら、
懲役>禁固>拘留 と説明することになります。
ただし、拘留には執行猶予がありませんので、執行猶予のある禁固刑と違って、確定したら実刑に処されます。

ただ、この拘留という刑罰自体が適用される場合が非常に少なく、1年に約33万件くらいの刑事事件の中でわずか4件ほどです。
私もいままで見た事はありません。ただ、禁固と違って確実に実刑なので、期間は短いとはいえ本人は嫌な判決だろうと思います。


さて、その夜は大漁でした。動物愛護の精神からなるべく殺生は少なくしたいので大きなガマガエルをねらいました。私がつかまえたガマガエルは3匹。どれも体調10センチ以上で大きく、二匹はじたばた暴れていましたが、一匹ものすごく大きく、風格があるヤツがいました。大きいがまは雷電、あとの二匹は四ツ車と九竜山としよう。

がまの油作りは串刺しにして天日に干し、乾燥させて細かくして、油に漬ける、という工程なのですが、いろいろ忙しかったので、作業は数日後にするつもりでした。雷電は相変わらず堂々と、四ツ車と九竜山はあいかわらずじたばたしていました。かわいいと美味しそうが両立する私でも、ちょっと情は移ります。

ですが、彼らの受難は一人の人物によって救われました。

ボスです

(;゚;ж;゚; )えぇぇががががががまっ?それってアレだよねカエルでしょ、え菊谷さん作るの?

え、いや、その、ボク治ったよ、本当に、ほらつるつる(✧≖‿ゝ≖)

ボツボツだらけの顔に脂汗(;゚;ж;゚; )をかいてぴょんぴょん逃げていきましたので、がまどもも無事お解き放ちです。ごめんね雷電。おたっしゃで。

平成29年7月5日  文責 弁護士 菊谷淳子

※ 雷電為右衛門 江戸時代の名力士。めちゃくちゃ強かったのに横綱になっていない。
四ツ車大八  適当な名前だが実在した江戸時代の力士。けんかっぱやかった。
九竜山波右衛門 江戸時代の力士。四ツ車と一緒にやった江戸いちばんの大喧嘩で有名
posted by KEYAKI at 02:03| 割とあほなはなし

2017年07月03日

小さな刺客

よく日に干した布団、綺麗に洗濯したシーツ。
お気に入りの音楽をききながら、その日もゆっくり極上の眠りにつくはずでした。

人類最大の敵の襲撃までは。

強烈な脚のかゆみで目が醒めました。カ〜と、羽音が耳に響きます。
かゆい、くそう、かゆい。かゆいかゆいかゆい

まだ6月と思って油断していたので頼みの綱のキンカンを切らしていました。

かゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆい
ああ、かゆい。

かゆいというのは人類の苦痛の中でも最たるものの一つです。拷問の手段や死刑の方法に選択されるくらいです。

かゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆい
何か紛らわすことのできるものはないか

消毒液を塗ってみたり、氷をあててみたり。
サル並の対応策(΄◞ิ౪◟ิ‵ )しか思い浮かびません。

さて、今日は「代わり」の話です。
休暇を取ろうとしたら、休むなら代わりを見つけてね、と言われるので休めないという相談がたまにあります。

「代わりを(労働者の側が)みつけなければ休暇は与えない」というのは実は違法です。
代わりを見つけるのは使用者(雇っている側)の義務だからです。

使用者は、原則として労働者の申し出た時期に休暇を与えなければなりません。その例外として時季変更権はありますが、それは使用者が代替手段を講じることを尽くしてからなのです。代替要員を見つけるのもその一つです。

「代わりを見つけられなかったのに欠勤した」と使用者側が労働者に損害賠償を請求するぞという脅すケースまであるようですが、とんでもない話です。

人員ギリギリの零細企業にまでガチガチに労働法の適用をということに私は疑問を感じることがよくありますが、「代わりを労働者側に見つけさせる」というのは論外です、
若い真面目な人達には、「代わりをみつけないと休めない」と本当に思って休みたくても休めない方がまだ沢山いるのではと気がかりです。なんだか変だな、と思ったらググるなり、法律相談に行くなりして聞いて見て下さい。



ファラオがその眠りを妨げた者に呪いをかける気持ち、今よくわかります。

狼藉者を成敗したい。
しかし闇夜。羽音はするのにどこにいるのかわっぱりわかりません。
蚊取り線香もきらしていまして。

代わりのものがないか
そうだ


次の日、事務員が今日の菊さん、おばあちゃんの臭い と笑っていました。


昨日必死で炊いたもぐさいい気分(温泉)のせいです。
  平成29年7月2日 文責 弁護士 菊谷淳子

posted by KEYAKI at 16:09| 民事事件