2015年12月26日

魔界のメリークリスマス3 2015

静かで暖かいクリスマス
006.JPG
本当にどんぞこの状態になった時、人はどうすれば救われるのか、その答えだというあるお話があります。
私も正直、最初は意味がわかりませんでした。思い出すようになったのはごく最近です。

年老いた靴屋のマルチンは幼い息子のピーターと二人暮らし。最愛の妻はとうに亡くなっていて、貧しいながらもピーターと二人、幸せにくらしていました。ところが、ピーターが突然、病気で亡くなってしまいます。

マルチンは絶望して自宅に引きこもり、酒浸りの日々を過ごします。
友人たちは心配します。マルチン、そんなことをしてもピーターが悲しむだけだ、と言うのですが、悲しみは理屈じゃありませんので。

クリスマス、マルチンが自宅にこもっていますと、
雪かきのおじいさんが疲れ切ってしゃがみこんでいるのが見えました。
マルチンはおじいさんを家に招き入れ、暖かいお茶をだしてあげました。
おじいさんは、しばらく体を温め、喜んで帰って行きました。

しばらくすると赤ん坊を抱えた貧しい女性が行き倒れになりそうになっているのを見ました。
マルチンは女性と赤ん坊を招き入れ赤ちゃんに暖かいミルクを、息子のあかちゃんの時の服を女性に持たせました。女性は喜んで帰っていきました。

次にマルチンは、おばあさんが「リンゴ泥棒!」と叫ぶのを聞きました。貧しい少年が空腹からリンゴを盗んでしまったのです。マルチンは、お金をおばあさんに払い、少年には「私が代わりにお金をはらってあげよう、でもこれからは人のものを盗んではいけないよ」とさとしました。少年は「どうもありがとう、これからはもうしません。おばあさんごめんなさい」とお礼とお詫びを言って帰りました。

マルチンは、自分にも人に喜んでもらえることがある、と思い、少し、心があったたかく、幸せな気持ちになりました。


私はごく最近になって、ほんの少しだけ、それがなぜなのかわかるような気がしてきました。

法律上のトラブルを抱える方には、本当に深い孤独を味わっている人もたくさんおられます。
でもほんの少し、自分以外の人に思いやりを向けられたら、心が少し温かくなって、少なくとも闇のような深い孤独とはおさらばできるかもしれません。
滅多に人様に親切にしたことのない私ですが、たまには人に思いやりをもって接してみたいと思います。

014.JPG

024.JPG
        では、みなさま、メリークリスマス。
平成27年12月25日  文責 弁護士 菊谷淳子
posted by KEYAKI at 11:54| 魔界のあれこれ

2015年12月25日

魔界のメリークリスマス2 2015

みなさんは、サンタクロースを信じていましたか?

028.JPG

029.JPG

 今年5歳になるSちゃんはしっかり者。ママが一人で働いているので、お手伝いをしっかりこなし、弟の面倒もちゃんとみ、ママの相談には的確に回答し、幼稚園では園児を演ずる、末恐ろしいお子様です。

 こんな子にこそ少しくらいサプライズがあっても。そう思ったサンタさんはSちゃんの枕元にプレゼントを持参・・・・

 5回目の今年、Sちゃんの枕元には「サンタさんへ」の御手紙が。

 そうか・・・・サンタさんに御手紙を書くなんて。

 クリスマスのサンタごっこは、あなたの事を周りの大人がちゃんと見ているからね、大事に思っているからね、自分が愛されているのだということを子供に伝えてこそ意味があるのではないか、と私は思います。
 子供の心にあたえる一番の糧は、愛されているという自覚。それがないと自分も他人も大事にできない大人になってしまいます。
 Sちゃんにとって白人の見知らぬじいさんでもいい。誰かが、Sちゃんの喜ぶ顔を願っている、と知ってくれればよいのです。小細工はしていませんが、名乗ってもいません。

039.JPG


Sちゃんからの手紙には、こう書かれていました。
「ことしもありがとう。はよ、だんなみつけや
小さな包みがついていて、色つきのリップクリームが入っていました。

じっと手をみるサンタ(◞≼●≽◟◞౪◟◞≼●≽◟)


そうそう、私ですか?今でも信じていますよ。

カッパと同じくらい(⊙◞౪◟⊙)


平成27年12月24日  文責 弁護士 菊谷 淳子
posted by KEYAKI at 12:49| 民事事件

2015年12月24日

魔界のメリークリスマス1 2015

魔界にクリスマス到来
002.JPG 渋谷駅の例のお犬さま

ふりしきる忘年会の合間を縫って魔界見物。
たとえ暗い人生にも明かりと輝きが必要です。人工であろうが美しいものは美しい。私はイルミネーションもスパンコールもキラキラするものは大好きです。

010.JPG

さて、キラキラでは困るもののお話を。
最近読めない名前の子供が本当に増えているなと感じます。戸籍謄本には読み仮名は載っていませんので、本当によめません。パソコンで一発で変換できない難読文字もよくみかけます。本人が大きくなった時、さぞ不便だろうなと思います。また病院などで名前を間違えられますと命に関わります。しかしこういう名前はまだよいのです。

名の変更は、意味や読み方がアレ等の理由で、社会的に不利益を受ける場合には、裁判所が変更を認めてくれるからです。


でも子供にとって困った名前の変更がいつでも認められるわけではありません。

変更の申立をする際は、いじめられた、周囲に読んでもらえなかった、と如何に社会的に不利益を被っているかをとくとくと説明しなければなりません。ちょっと古いくらいでは変更は認められません。

たとえば、平成27年生まれの子に「茂(しげる)」とか。(※ 筆者の個人的な偏見に基づいて「ちょっと古い」としているだけです。)
古いかどうかは世代によって評価がわかれるものです。ボスは、茂はまだいいんじゃないの?といっていますが、女の子で「トメ」だったらないよね〜と言っています。裁判所だって判断できません。

おそらくこういう、ちょっと古い名前、というくらいでは変更は認められません。たぶん、通称名をつけるしかないと思います。でもちょっと不条理な気がします。私だったら嫌だなあ。

それから、ヒメだの皇帝だの帝王だのいとやんごとなき名前も多く拝見致しますが、中年になった姫様や殿下が、パートの面接の時に恥ずかしいから変えたい、とか後期高齢者になったら老人ホームで虐待されそうだから庶民の名前に変えてくれ、と言ってもたぶんだめです。
 
自分ではどうすることもできない人生の不条理を最初から押しつけるような名前をつけないであげて欲しいなあと思います。 


ところで、クリスマスはやはりキラキラがよろしい。

019.JPG

024.JPG

蒼い蒼い魔界、とても楽しゅうございます。皆様、メリークリスマス。
平成27年12月23日 文責 弁護士 菊谷淳子

posted by KEYAKI at 01:51| 民事事件

2015年12月08日

あけさせる方法

さっぱりした人生を送りたくなって携帯電話を解約しました。
次の次の日曜、玄関のチャイムがなりました。
誰だろう。宅配かな、新聞の勧誘かな、宗教の勧誘とか、近所に住む悪い友達(そうりょ、おどりこ、しょうにん ※職業の名前でよんでいます)とか。
今日は誰とも口をきかない日だし♪と玄関を開けるのを思案していましたら、玄関ドアががちゃがちゃ言い始めました。

ええっ・・・・•(ლ ^ิ౪^ิ)ლ

そして、おもむろに外から・・・・



縁起でもない話で恐縮ですが、たとえば間違いなく実刑になるような罪で勾留されそのまま裁判になって、刑が確定し、刑務所に入ったとします。
当然娑婆で使っていた携帯電話は使いませんから解約したいわけです。
外に出ることのできない彼らに変わって弁護人が、委任状を持って解約しに行くとします。委任状というのは、本人が委任したということを証明するものですが、通常はこれで解約の代理権というのを与えられますから、解約はできるはずです。

では、「解約は本人しか認めない」と携帯電話会社が主張した場合、刑務所に入ってしまった人はどうすればよいのでしょうか。

携帯電話会社がそういったからといって、従う必要はありません。民法にちゃんとかいてあります。解約の代理権を授与されているれば解約については本人と同じです。当然解約できて然るべきなのです。

こういうふざけた話をやめさせるには、すべての弁護士が、民法上御社の対応は通りませんよ、と毅然と対応すればよいのです。残念ながらそうなっていないようですが。

ちなみにごねる弁護士にだけこの会社は解約を認めてくれる、そうです。


さて、電話が通じない菊谷。

近所に住む悪友どもはもしかして孤独死?(⊙◞౪◟⊙)(⊙◞౪◟⊙)(⊙◞౪◟⊙)と思ったようです


今ドアあけるから、読経やめなさい(΄◞ิ౪◟ิ‵ )


平成27年12月7日 文責 弁護士 菊谷淳子
posted by KEYAKI at 19:10| 割とあほなはなし